「わかば親と子の広場 そらまめ」で一時預かりがスタート

ショッピングタウンわかば内にある「わかば親と子の広場 そらまめ」は、子育て中の親子の楽しい集いの場になっています。

先輩ママや有資格のスタッフが常駐、子育てファミリーの心強い味方です。

目印は、かわいいそらまめのイラスト。

この「そらまめ」に、またまたうれしいお知らせが・・・。

3月から「一時預かり」が始まったのです。

 

数年前から、「若葉台に一時預かりを!」の声が高まり、認定NPO法人若葉台が横浜市の認可を受けて、一時預かりが実現することになりました。

3月前から予約が入り始め、3月は15日間(延べ88時間)、24人の利用となりました。

「子供の心配をせずに病院に行けた!」

「免許の書きかえのため」

「学校の役員の用事で」

「歯の治療に」

こんなさまざまな理由で利用されていることがわかります。

そらまめには、「すごく良かった」「助かりました」など、喜びの声が寄せられているそうです。

 

普段から、そらまめを利用しているお子さんなら、スタッフや、見慣れた遊び友達もいるのでなじみやすいようです。

この日は、あんパンマンすべり台のまわりに、ながーい電車のレールをつくって遊びました。

スタッフ手作りのダンボールハウスも人気です。

こちらは、間伐材で作られた可愛いテーブルといす。よくだれかがすわってます。

みんなが帰ったあとは、スタッフがひとつひとつ、おもちゃを消毒。衛生面に気を配っています。

 

事故のないようにが一番大事! 一時預かりの際には起床時刻、食事、その日の体調などを聞き、受付表で、連絡先、体温、気になるここと、お昼寝チェック表なども記入。

親とスタッフの連携を心がけているそうです。

■「そらまめ 一時預かり」は、月~土曜日10~15時。1日4時間。月8回まで。詳細は、そらまめへ。℡045(442)7987

春が来た

まちづくりセンターの38回目の春が来ました。

と言っても、まだまだ肌寒く、桜の花もまだ少ししか咲いていません。

が、春は確実にやってきています。

(撮影場所:若葉台公園南Z区画駐車場/撮影日:2017.3.31)

(撮影場所:若遊水地西側通路桜並木/撮影日:2017.3.31

(撮影場所:若葉台公園南通路脇/撮影日:2017.3.31

まちづくりセンターは平成284月に機構改革を行いました。これは、時代にマッチし、地域の方々が求めるサービスを提供し続けるためのものであります。

今後も、まちづくりセンターは『まち』を元気にするため、地域の方々と共に歩んでいきます。

 

まちづくりセンターの38回目の春は、静かに、ただし力強く動き出します。

まちづくりセンターのブログをスタートさせます。