ブログ

Blog

若葉台のまちも一面雪景色に。子どもたちは大喜びで雪遊びしていました。

1月6日、神奈川県内は大雪となりましたね。ここ若葉台でも午前10時頃から、チラチラと降り出し、午後3時頃にはあたり一面真っ白になりました。雪を被った若葉台の景色も素敵ですよね。

午後1時くらいの様子。まだうっすらと雪化粧したくらいですが、雪がたくさん舞い降りているのが分かります。家では「積もるかなあ、積もって欲しいなあ」と子どもが何度も何度もベランダに出て雪が降る様子を見ていました。

午後1時くらいの4丁目の大貫谷公園。雪を被ってはいますが、雪遊びにはまだまだ。

2時間後の大貫谷公園。すっかり雪が降り積もり、まるで雪国のよう!!男の子が2人、大きな雪だるまを作っていましたよ。

午後になると雪遊びを楽しむ子どもたちがあちこちに居ました。「寒さなんてへっちゃらだよ」元気いっぱいな男の子たち。

トンネル公園では雪合戦をしている子たちが。ぎゅーっと丸く固めた雪を、狙いを定めてヒュッ。元気な笑い声が響いていました。

そり遊びする子たちも居ましたよ。何回もやったそり滑りの跡が雪の上に残っていますね

大きな雪だるまを作ったね。あとは鼻と口を作って完成かな。

街中に子どもたちが作った雪だるまがありました。

6日は近隣の小学校の冬休み最後の日。雪遊びは冬休みの楽しい思い出になりました。

翌日の日向根公園。快晴の空の下、雪の白さがまぶしい景色が一面に広がっていました。