若葉台まちづくりセンターが40周年を迎え、9月26日に記念式典を開催しました

若葉台で第一期の分譲住宅入居の始まったのが昭和54年3月。一般財団法人 若葉台まちづくりセンターは、その少し前の昭和53年9月に「若葉台管理センター」としてオープン、それ以来、住民の皆さまとともに手を携え、この地で歩んで参りました。そして今年、開設40周年を迎えました。

40周年を記念して平成30年9月26日(水)、関係者の方々を迎え「記念式典および祝賀会」がホテル横浜ガーデンで開催されました。

式典開始の午後1時前から参加者の方々が会場を訪れ、まちづくりセンター職員が総出でお迎えする中、会場へと向かいます。

会場入口で、来場者の皆さんを迎える森本敏昭まちづくりセンター理事長〈右〉と野口昌弘理事。

ひな壇の後ろに40周年記念の横断幕、その横には40の数字に若葉台まちづくりセンターのロゴを組み入れた入れたデザインの幕が飾らました。

いよいよ若葉台まちづくりセンター40周年記念式典および祝賀会のスタートです。司会進行は、成澤課長が務めました。

最初に、若葉台まちづくりセンター 森本理事長が挨拶と御礼の言葉を述べました。

「前身の若葉台まちづくりセンターができたのは、40年前のちょうど9月26日になります、それ以来、この地で地域住民の皆さまと共に歩んで参りました。これもひとえに皆さまからの日頃のご支援のたまものです。これからも若葉台発展のために一丸となって努力して参ります」

続いて、来賓の方々が祝辞を述べられました。

まず下田康晴 横浜市旭区長が登壇。

「今、若葉台における取り組みは、全国的にも注目されています。強い地域コミュニティやさまざまな試みなど、国連のSDGs達成の面からも先駆的なことが行われていて、若葉台まちづくりセンターは、その中で大きな役割を果たしています。これからも若葉台のために力を発揮して頂けると期待しています」

と力強く話し、会場の人々から、盛んな拍手を受けていました。

続いて、若葉台を開発した神奈川県住宅供給公社の猪股篤雄理事長が挨拶しました。

「若葉台の開発時、自然と都市機能が共存する理想のまちを発展させる中で若葉台管理センターがつくられました。今、数十年を経て第二世代が去った後も、第一世代が健康的で明るい素晴しい生活を送っています。ある意味日本の先頭を走っている。若葉台まちづくりセンターには、これからも大きな役割を果たして頂けたら・・・」

次に、若葉台連合自治会 山岸弘樹会長が祝辞を述べました。

「若葉台では、みらいづくりプランというものもできていて、各所からトップランナーとして見られている。その中で、まちづくりセンターがさらに大きな役割を果たしてくれるものと期待しています。また安心・安全面でも、防災センターがあり、24時間若葉台を見守り続けてくれています」

若葉台まつりの会 堀進会長の音頭により全員で乾杯しました。

やがて若手音楽家らでつくるユースクラシックの演奏が始まり、会場には和やかな歓談のひと時に。

その後、住宅管理組合協議会 柿沼鉄雄会長、わかば会 後藤達雄会長、若葉台スポーツ・文化クラブ 南宏市朗理事長、認定NPO法人若葉台 白岩正明理事長など、出席された皆さまから、若葉台まちづくりセンターに期待する温かい祝辞の数々が贈られました。続いて40周年を祝し、日本一の創作和太鼓集団 打鼓音の演奏が行われました。

迫力ある太鼓の響きが会場の人々を魅了しました。

やがて惜しまれつつ閉会の時間が来て、野口理事の閉会の挨拶の後、出席者全員による三本締めが行われ、めでたい記念式典および祝賀会の幕を閉じました。

9月22日、23日、24日の3日間「住まいと暮らしの相談会」が開かれました。

9月を住み替え強化月間として、「住まいまるごとフェア」を開催しました。8日(土)、9日(日)には「相続・遺言セミナーおよび個別相談会」、14日(金)、15日(土)は「リフォーム相談会」など様々なイベントが開かれました。そして22日(土)、23日(日)、24日(祝)には「住まいと暮らしの相談会」が、ふれあい広場特設会場で開かれました。

不動産の購入・売却、リフォーム、公社の賃貸住宅、生活支援など、住宅に関するあらゆる相談に対応した今回のイベント。大事な住まいに関する事、聞きたい事は色々ありますよね。「よろず相談窓口」を開設し、センターの職員が相談に乗らせて頂きました。

小さなお子様連れのご家族に好評だった入り口に設置された顔出しパネル。「聞きたい事はあるけどちょっと入りにくいな」と感じる若い方などが入りやすくなったようです。優しいタッチで癒されるこのパネルの絵を描いたのは、若葉台在住、現在3人のお子さんを子育て中のお母さん。パネルの鳥の家族のように、若葉台には小さなお子さんがいるご家族がたくさん住んでいます。

法律相談「相続・遺言 相談コーナー」も。相続やその際の税金の事など、専門の司法書士と税理士が無料で相談にのりました。先だって行われた「相続・遺言セミナーおよび個別相談会」の時には予約でいっぱいになり、関心の高さがうかがえました。

おうちの方が相談している間にお子さんが遊んでいられるように、キッズスペースを設置。また来場したお子さんにはお菓子のつかみ取りも。

緑が多く、まちの中に公園がたくさんある若葉台。お住み替えの際ご検討下さいね。

 

9月1日、2日の2日間、ショッピングタウンわかばでフリーマーケット開催! 多くの人が訪れました。

9月最初の週末、ショッピングタウンわかばの旧アムール店舗でフリーマーケットが開かれました。フリマを目指して来た方、人だかりに引き寄せられ入って来た方など、早い時間から多くの方が訪れました。

子ども服、靴などを販売していたブース。品物が豊富に並んでいますね。

すぐに汚れたり、サイズが合わなくなったりとたくさん必要な子ども服。フリーマーケットはほんとに助かります。

幼稚園のお母さん達による手作り品が並ぶブース。手作りのアクセサリーは小学生のお客さまにも人気でした。お母さんと一緒にお店に立つ女の子も、手作りのイヤリングをしていて可愛いですね。

衣料品を中心に出店されていた方。お父さんと居た息子さんが、お店に立つお母さんのところに駆け付け、「かっこいいの買ったよー!」。

おもちゃや絵本もたくさん出品されていました。それらが入った箱は小さな子どもたちにとって宝箱。「どれにしようかな」どれも欲しくて迷ってしまいますね。

同会場にわかば子育てサポートグループ、通称「わかサポ」よるキッズルームもありました。「出店したいけど、子どもが居るから無理かな」「ゆっくりフリマで買い物を楽しみたいけど子どもが飽きちゃうかな」なんて事ありますよね。キッズルームでは、サポーターが、子どもが遊ぶのを見守っていてくれるので、出店も、買い物も諦めなくて大丈夫!フリーマーケットにキッズルーム。小さな子どもがいる人にはあると嬉しいサービスですね。

大盛況で終えた今回のフリーマーケット。次回は11月開催予定です。楽しみに待っていてくださいね。

主催:若葉台在住のお母さん達が運営するwebサイト「若葉だい家族」

https://www.wakabadaikazoku.com/

横浜若葉台における「今後の土地利用の考え方」説明会、8月に3回開催。各回とも100人超の方が参加

若葉台における「今後の土地利用の考え方」についての説明会が、8月16日、19日、26日の3回、若葉台地域ケアプラザ2階多目的ホールを会場に開かれました。都合のつく日に来て頂こうと、同じ内容で、計3回の開催となりました。

当日、ケアプラザのエントランスには、次々と住民の皆さんが訪れ、2階の多目的ホールへ向かいました。

各回とも100人以上の方の参加があり、関心の高さを伺わせました。日によっては、会場に入りきれないこともあり、急きょいすを増やしての対応となりました。

いま地域として取り組んでいる最大の課題は、「若葉台を将来にわたって選ばれ続ける『まち』」とすること。

その目的のために平成29年3月に、地域の関係者の手によって、任意のまちづくりマスタープラン「横浜若葉台みらいづくりプラン」が策定されました。

この「みらいづくりプラン」は、現在「みらいづくりプラン推進会議」が計画を進めています。その「推進会議」の作業部会の一つであるC部会(都市計画変更)の事務局である神奈川県住宅供給公社は、計画の推進のために必要な都市計画変更を検討してきました。その結果、「今後の土地利用の考え方」がまとまり、今回、説明会を開催する運びとなりました。

説明会の主な内容は、

  1. 現在の都市計画「一団地の住宅施設」の概要
  2. 今後の土地利用の考え方

当日は、土地利用の見直しを想定される主な街区について、一つ一つ説明がされました。

たとえば若葉台公園南側、募集センターのあった土地は、【現状の用途】は「住宅」ですが、【新たに想定する主な用途】として、「住宅」、「病院」、「福祉施設」、「学校」、「幼稚園・保育所」など。今後のまちづくりを視野に入れた見直しが検討されています。

皆さん、メモを取ったりして熱心に説明に耳を傾け、質問も出るなど、今後のまちづくりについて、強く関心を持っていることが感じられました。

山岸弘樹連合自治会長からも、今後のまちづくりについて説明がありました。

なお、「みらいづくりマスタープラン」は、まちづくりセンターにも置かれていますので、ぜひ手に取って、ご覧になってはいかがでしょう。

8月11日(山の日)、わかばデイキャンプに参加しました!

ニュースポーツやカヤックなどをした後、野外炊飯。暗くなったらキャンプファイヤーを囲んでゲーム。こんな楽しい一日を、若葉台で過ごすことが出来るんです。皆さんご存知でしたか?

毎年人気のNPO法人若葉台スポーツ・文化クラブ主催の「わかばデイキャンプ」。8月11日の山の日に旧若葉台西中学校で、13家族44名が参加して行われました。

旧西中木工室で開所式が行われました。スタッフも参加者も名札をつけます。ニックネームを名札に記入し、お互いその名前で呼び合います。

校庭、体育館、プールと場所を移動しながら様々なスポーツを楽しみました。

グランドゴルフは若葉台の遊水池グラウンドなどでよく見かけますね。初めてやる子ども達も、暑い中、夢中になって楽しみました。

体育館ではニュースポーツのボッチャやラダーゲッター、輪投げにチャレンジ。ボッチャは、目標球と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。「負けないぞ」勝負となると子どもの表情は真剣そのもの。

プールではカヤックに挑戦しました。みんな気持ち良さそうにパドルを漕いでスイスイ。二人乗りのカヤックは息をそろえて「右、左、右、左」。

薪割り、野菜の下準備も子ども達のお仕事。子ども達は初めてののこぎりにドキドキ。「引くときに力を入れるんだよ」スタッフが見守る中、徐々に使い方を覚えていきました。夕食のカレーと豚汁のためのジャガイモ、人参、玉ネギ。たくさんあったけどみんなで力を合わせて切りました。

野外炊飯です。「もう出来たかなあ」。ずっとかまどの側で働いてくれました。出来上がったお鍋を運ぶのは力持ちのお父さん達のお仕事です。

たくさん遊んで、働いて、お腹もペコペコです。野外でみんなで食べるカレーと豚汁は最高ですね。もりもりたくさん食べました。甘いスイカを食べて大満足。空もだいぶ薄暗くなってきました。

空が暗くなり、キャンプファイヤーの時間です。大人も子どもも大きな声で歌ったり、体を動かしたり。大盛り上がりのキャンプファイヤーとなりました。火を見つめながら、楽しかった今日の事をみんな思い返しているのでしょうか。

この後、開所式と同じ木工室で閉所式が行われました。「また来年も参加したい人?」スタッフの問いに参加した子ども達が一斉に手をあげ、解散となりました。

いかがでしたか?大人も子どもも楽しめるデイキャンプ。ぜひ来年参加してみて下さいね。「来年デイキャンプでお会いしましょう!!」

7月29日に 第38回若葉台夏まつり 2400発の花火が夜空を彩りました

2018年若葉台夏まつり、皆さん、どのように過ごされましたか。

今年の夏まつりは、まちづくりセンター祝40周年の冠をいただきました 皆さまと共に歩んできた40年、振り返るとさらに感慨深いものがありました。

台風12号の襲来で、1日順延の7月29日開催となりましたが、当日は夏まつり日和の晴天  朝から開催を知らせる花火が鳴り、各自治会ごとの子どもみこしも繰り出しました。 「ワッショイ、ワッショイ」 元気なかけ声に、思わず家を飛び出し、外に見に行かれた方も多いのでは。

子ども神輿は、若葉台内を練り歩き、11時頃からは、ショッピングタウンわかば横の石の広場に集結。さらに商店街や中央ふれあい広場を練り歩き、お客さんや、まちづくりセンター職員に迎えられ、威勢良く滝の広場へ。

小休憩後、今度はお楽しみのスイカ割りタイム。目隠しして前に進むと、あちこちから、「こっちだよ」 「もうちょっと前」 など、親切なおじさん、おばさんたちに声をかけられ、見事命中! スイカ割りのあとは、みんなでおいしいスイカを食べました。

午後3時半からは、若葉台公園と、ショッピングタウンわかばで模擬店と縁日がオープン。

第1会場では、創作和太鼓集団 打鼓音、わかば太鼓、チアリーディングなどが披露されました。

景気の良いお囃子に合わせて、やぐらの回りでは盆踊りもはじまりました。 浴衣姿の人々に混じって、踊りの輪に加わる人もどんどん増えていって、公園はおまつりムード一色。

やがて、日暮れとともに夕闇が濃くなって、いよいよ午後8時から花火打ち上げ開始。 若葉台まつりの会 堀進会長から、「若葉台まちづくりセンター、40周年おめでとう!」 威勢の良い言葉の後、いよいよ花火打ち上げのカウントダウン。

皆さん、ワクワクして花火打ち上げの瞬間を待ちました。

今年は、約2400発の花火が打ち上げられ、夜空を彩りました。 「若葉台の夕涼み」「ハート&スマイル」など、凝った名前の花火も。 それでは、若葉台名物の花火をたっぷりご堪能ください。

見事な花火の饗宴、お楽しみ頂けましたか。

今年も強い日差しの中、準備してくださった関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

中央ふれあい広場で開かれた「あさがお市」に行ってきました!

毎年大人気の若葉台まつりの会による「あさがお市」。

中央ふれあい広場で今年は七夕、7月7日に開かれました。

若葉台の夏の風物詩となっている「あさがお市」では、入谷鬼子母神の「朝顔市」と同じものを販売しています。今年仕入れたのは行灯(あんどん)仕立ての80鉢。まつりの会の方が、4時半に若葉台を出発し、入谷の朝顔市の朝顔の多くを生産している江戸川区の鹿骨地区へ出向き、6時に買い付けを行ってきたそうです。ちなみに鬼子母神(きしもじん)とは、安産・子育ての神様です。

風鈴をつけ、いよいよあさがお市の始まりです。

まつりの会の方に話を聞いたりしながら、お気に入りの1鉢を皆さん真剣に選んでいます。花の色、種類、咲き方など様々です。今年の朝顔、どれにするか迷いますね。

お母さんと買いに来た男の子。たくさん花が咲きますように、はいポーズ。

七夕飾りとあさがお市。明るく賑やかな街の様子にウキウキします。

まつりの会会長の堀さんに話を伺いました。

朝顔は、きちんと世話をすれば11月まで花が咲き続けるそうです。毎日朝一に、葉っぱに水がかからないように、土にたっぷり水やりをすることが大事だそうです。伸びてくるツルを支柱にからめ、ツルが伸びたら支柱を追加し延長するなどお世話をしましょう、との事でした。

大事に育てて少しでも長く花を楽しみたいですね。

若葉台ではこれから夏祭りに大花火大会、ビアホールなど夏の楽しいイベントが盛りだくさんです。今年も楽しい夏が始まりました!

7月7日までショッピングタウンで「わかば七夕まつり」 短冊に願い事を書いて、笹飾りに取りつけよう!

織り姫、彦星、天の川・・・夏の夜空に思いをはせるわかば七夕まつりを7月7日(土)まで開催中です。

ショッピングタウンわかばは、ただ今七夕一色、中央ふれあい広場や商店街入口付近には、巨大な笹飾りが登場、お買い物中の皆さんの目を楽しませています。

これらの笹竹は、若葉台近隣で生育したものを、まつりの会と、まちづくりセンターとの協力で、30本ほども切り出し、その後、中央広場に集めて順次設営していきます。およそ、2日間の作業。梅雨時にかかるため、今年も1日は雨に降られながらの作業になりました。

日本の伝統のまつりを若葉台でも伝えていきたい、と始まった「わかば七夕まつり」年々飾りもまち並に映え、若葉台のまちを彩っています。

中央ふれあい広場には、連れだって七夕飾りを楽しむ人々の姿が・・・。 「すごい! 大きい」 「きれい!」 皆さん、足を止めて青空、まち並、笹飾りの3ショットを堪能されています。

七夕飾りの横には特設テントが張られ、短冊と筆記用具をご用意。「さあ、願いごとは何かな~!」 短冊に向かう小さな姿が、真剣そのものです。

小学生や幼稚園生、小さな子どもさんたち、そして大人の皆さんも。大事な願い事を書いて笹に取り付けてくれました。

たくさんお友達ができますように・・・ ウルトラマンになれますように・・・ 家族みんなが健康で幸せに暮らせますように・・・

こんなにたくさんの短冊が付けられました。皆さんの願い事が叶いますように!・・・

青々とした巨大笹竹と笹飾りがすっかり若葉台の夏の風物詩になっています。

中央ふれあい広場の左右にはワイヤが張られ風に舞うくす玉や、オブジェも大好評!

期間中、ぜひショッピングタウンわかばに足を運び短冊に願い事を書いてみませんか。

アジサイの花が見ごろを迎えてます! ~若葉台に咲くアジサイ

例年より早く梅雨入りし、雨の日が多くなりました。この季節の花といえばアジサイ。青や紫の色合いのアジサイは涼しげで雨の季節にはピッタリですね。

鎌倉や箱根など神奈川にはアジサイの名所がありますが、若葉台にもアジサイがたくさん咲いていますのでご紹介します。

 

中央バスターミナル付近にはアジサイの花がたくさん咲いています。バスを1遅らせて、アジサイの花を楽しむのも良いですね。バスや車からも楽しめます。

若葉台の東端、一丁目と三保市民の森の間の道路わきはアジサイが連なり素敵です。「昨年は咲かなかったのですが、今年はたくさん咲きました!」とご近所の方が嬉しそうに話してくださいました。

 

2丁目6棟脇のアジサイ。毎年見事に花を咲かせます。様々な色のアジサイがとても綺麗ですね。

 

棟の出入り口付近にもアジサイが。色鮮やかなお出迎えに癒されます。

 

公園のわきに、まだ植えてから日の浅いアジサイを見つけました。年々大きく育っていくのが楽しみです。

さまざまな種類のアジサイをそこここで見つけました。

 今回、アジサイを探しながら若葉台を散歩してみましたが、一か所にまとまって華やかに咲いているものから、木と木の間でひっそりと咲いているものまで、たくさんのアジサイを見つけました。

雨の日は外に出るのが億劫になりがちですが、外に出て、雨露に濡れた色鮮やかなアジサイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

若葉台公園のスズメバチ捕獲作戦 子育てママたちに地域のシニアも協力

若葉台公園の木に、このようにペットボトルが下げられているのを見たことがありますか。サイドに「ハチ捕獲中」と注意書きが記されています。

ここ数年若葉台公園にはスズメバチが多く見られ、その対策として4月4日、若葉台子育て母の会と若葉台公園愛護会が協力して スズメバチの女王蜂の捕獲器(ペットボトル)を設置しました。

ボトル内には、スズメバチの好む溶液が入れられています。これによって、春に巣作りする女王蜂を捕獲し、スズメバチの数を減らそうという計画です。

これは稲荷山橋横に設置されたハチ捕獲器です。木には黄色いテープが巻かれそれぞれ番号が記されています。

5月12日は捕獲器の一部を回収。捕獲器②11匹(女王蜂3) ③8匹(女王蜂2) ⑥37匹(女王蜂3)。なんと3つの捕獲器で、計女王蜂8匹、計50匹以上のハチが捕獲されました。

これらのハチは、若葉台の「電子顕微鏡でミクロを観る会」の協力で標本にされることに。

捕獲されたハチは、1匹ずつ新聞紙の上に並べられます。

大きな女王蜂です。ていねいに形を整えられます。

緊張の瞬間。母の会のママたちが見守る中、慎重に作業が進められていきます。果たしてハチの標本はうまくできたのでしょうか。

そして、5月26日の若葉台プレイパークの日、ハチの標本が子どもたちに公開されることに。

当日、会場の大貫谷公園には、標本と共に、捕獲されたハチやハチのことに詳しくなれる資料や絵本なども。

蜂の子せんべいも用意されて、当日子どもたちに配られました。瓦せんべいの中に実際にハチが入っています。

きれいに標本になったハチ。女王蜂はさすがに大きいですね!

さあ、「電子顕微鏡でミクロを観る会」の志村さんによるスズメバチのお話の始まりです。まず、「ハチを怖がらない、なめてはいけない」と志村さん。ハチは害虫を食べてくれる益虫でもあるそうです。

「家の軒下など人間に近いところでは退治していいけれど、森の中はそのままに。ジュースの空き缶などがあると寄ってくる。ハチのすみかと上手におつき合いすることが大切。黒い髪、黒い服装などに攻撃的になるので、白い帽子や、白い服装が望ましいそうです」とのこと。

これまで知らなかったハチの話を、みんな目を輝かせて聞いていました。「ハチについての見る目が変わった」とお父さん。大きい子も小さい子も、今回のハチのお話にびっくりしたようで、興味深く標本を見たり、ハチ入りせんべいを不思議そうに食べていました。

昆虫好きのお父さんが熱心に、「電子顕微鏡でミクロを観る会」の皆さんに質問する場面もあり、みんなでハチの生態に関心をもった一日になりました。