横浜温泉チャレンジャーが20周年記念        若葉台とのコラボ企画で、1月末まで大幅割引き

寒い冬には近くのホカホカ温泉で温まりませんか。

若葉台に隣接する「横浜温泉チャレンジャー」は、地元で掘削して掘り当てられた横浜市内でも貴重な天然温泉です。

地下1,500mから汲み上げた温泉は、カラダに効くと認められた療養泉。特にアトピーなどの皮膚疾患に効果があるとされます。

横浜温泉チャレンジャーは、今年で創設20周年を迎えます。

それを記念し、12月1日から1月31日まで、入浴料金の特別割引サービスを実施中!

◎通常大人入浴料800円→600円

さらに若葉台とのコラボ企画で、

◎若葉台住民は大人入浴料→500円に(免許証、保険証などをお持ちください)

◎また、土曜・日曜は、小人(小学生まで)無料(要保護者同伴)と、家族連れには嬉しいサービスも。

それでは、広々とした入口から横浜温泉チャレンジャーへ。

正面には、新型コロナウイルス対策へご協力のお願いが。(入館時の検温、マスク着用ほか)。

フロントでは、利用についてていねいに対応してくれます。

さあ、いよいよ浴室へ。

地下1,500mから汲み上げた温泉は、カラダに効くと認められた療養泉。

特にアトピーなどの皮膚疾患に効果があるとされます。泉質は塩化物泉で殺菌作用の高い メタホウ酸の含有量が非常に多いとのこと。

地元では、幼児から高齢者、親子連れの方にまで親しまれています。

ゆったりした浴槽は、「普通風呂」「ジェット風呂」「寝湯」の3種。

落ち着いた雰囲気の中、くつろいだ気持ちで伸び伸びと入浴できます。

こちらはジェット風呂。

美容と健康に良さそうですね! 身体がほっこり温まり、元気になること請け合いです。

お腹がすいたら館内にある「一色亭」へ。多様なメニューがあり、お子さんから高齢者まで皆さんで楽しめます。

広々としたスペースなので、ご家族皆さんで安心してくつろげそうですね!

温まった身体でロビーに出れば、きれいなクリスマスツリーが飾られていてほっこり。

横浜温泉チャレンジャーには、「若葉台南」バス停からが便利ですが、若葉台まちづくりセンター運行の「コミュニティバスわかば号」も利用できます。

付近は自然豊かな地域で、傍らには、帷子川の源流とされる「上川井小川アメニティ」も。

小川沿いに、ゆったりと散歩する方の姿も見かけます。

周囲の自然を楽しみならが、ぜひ「横浜温泉チャレンジャー」で、疲れた身体をほぐされてはいかがでしょう。

【横浜温泉チャレンジャー】

営業時間:午前9時~午後8時。12/31~1/3は午前7時~午後10時。

第3水曜日休み。

横浜市旭区上川井町2287番地

℡045-922-5590

若葉台の紅葉は今年も綺麗です。散策して季節を感じて みませんか。

自然豊かな横浜若葉台。新緑の季節も素晴らしいですが、紅葉の美しさも見事です。色とりどりの自然の美しさに心が癒されますよ。

遠くから写した4丁目の景色。写真中央付近の若葉台地域ケアプラザの左側には長く連なるイチョウ並木が見えます。

こちらがそのイチョウ並木。黄金色に染まるイチョウ並木は圧巻の美しさです。

イチョウ並木わきの広場ではグランドゴルフを楽しむ方々の姿も。若葉台の平和な日常の風景です。

4丁目大貫谷公園付近。この日は寒い曇り空の日だったのであまり見かけませんでしたが、普段はこのあたりをウォーキングしている人がたくさんいます。

大貫谷公園脇の歩道を歩いていくと、見事なモミジが。真っ赤に色付くモミジに足を止めて写真を撮っている人を毎年よく見かけます。

落葉したモミジは雨に濡れた様子もステキですね。小さな子が一生懸命葉っぱを集めていました。色がきれいなモミジの葉は子どもの宝物です。

3丁目、遊水池グラウンド脇の茶堂付近も紅葉の時期に訪れたい場所。茶堂とその周りの様々な色合いの木々に、通るたびにきれいだなあと感動させられます。

2丁目、なのはな公園の大きなイチョウも鮮やかな黄金色に色づいています。こちらの公園はパンダの顔がかわいい遊具があり、子どもたちには「パンダ公園」の愛称で呼ばれる人気の公園です。

2丁目の坂道のイチョウ並木。今はかなり落葉し、黄金色の絨毯が道いっぱいに広がっていました。

こちらも2丁目のモミジ。窓を開けると目の前にモミジが見えるなんてなんとも贅沢な気分になりますね。

ススキ野原も広がっています。夕方、風にたなびくススキは何とも絵になります。

高くそびえるユリノキはほぼ落葉していました。本格的な冬が間もなくやってきます。

今回紹介した場所以外にも若葉台には自然がたくさん広がっています。ぜひ遊びにきて若葉台の美しい自然を満喫してくださいね。

ショッピングタウンわかば  新規出店、楽しいイベント続々!

クリスマスツリーも登場し、クリスマス気分満載のショッピングタウンわかば。

今年のイルミネーションは一段と豪華! あたり一帯が幻想的な光の渦の中に入ったよう。

そんなクリスマスムードの商店街で、10月23日にオープンした「から揚げの天才」が話題です。

オープン早々から、お店の前は、揚げたてから揚げを求める人でいっぱい。

今も午前から夕方まで、買い求めるお客が途切れない人気店になっています。

ボリューム満点の「デカから」は1個99円、コクの赤味噌、塩麹と極出汁、秘伝の黒醤油の3種類。ジューシーでこくがあり、一つ食べると満足感いっぱいのおいしさ。

人気の「からたま弁当」(498円)は、から揚げ3種とテリー伊藤こだわりの名物玉子焼きが両方楽しめます。玉子焼きはほんのり甘く懐かしいお母さんの味。

ほか「デカから弁当」、昼食や夕食のおかずに嬉しい「からたまおかず」(写真)、「からたまBOX」「ファミリーパック」も。

10月31日にはテリー伊藤さんが訪れ、若葉台の人々と楽しく交流しました。

「20年来、ワタミが居酒屋で作りつづけた味です。ボリュームのあるジューシーなから揚げを、ご家族、皆さんで味わってください」と大河原優花店長。

ある日の夕方過ぎにも、店頭には多くのお客さんの姿が。

ぜひ一度、味わってみられてはいかがですか。

から揚げの天才 ℡045-744-9826。かんたんネット予約も。午前10時~午後9時の営業。

 

また、ショッピングタウンわかばでは、今年初の試みとして 10日26日~11月8日、旧福家書店を会場に「わかばアートコンテスト」が開催されました。

期間中会場には、地元の美術愛好家や、子どもたちの作品がずらりと並び、訪れた多くの人々の目を楽しませました。

力作の並ぶ会場。中は広々としたスペースになっています。

書棚を活用して展示しているのには、びっくりしたり、感動したり!

ちびっ子たちの創造力豊かな作品の前で、多くの人が足を止めていました。

なお期間中会場には投書箱が置かれ、皆さんの投書によりグランプリ、準グランプリの作品が選ばれました。

なんと9百通を超える投票が集まったとのことで、受賞作品には賞品が贈られるそうです。

このようにさまざまな行事を、住民の方と一緒に楽しむ若葉台の商店街。

10月のハロウィンの頃は、まちはこんなハロウィン仕様になって訪れた人々の目を楽しませました。

 ハロウィン当日には例年ですと、思い思いの扮装をした子どもたちが、まちを練り歩くのですが、今年はコロナ禍で中止に。

けれど、写真を撮る親子の方も多く、子どもたちにもお菓子が配られたのこと。それぞれに楽しんでくださったようです。

いろいろな行事が中止になる中、ショッピングタウンわかばでは、できる限りまちの中で楽しく過ごせる工夫をしています。

クリスマスムード一色になったショッピングタウンわかばをぜひ訪れてください。

ほっこりと温かい気持ちになることうけあいです。

 

「そらまめ秋まつり」開催! 子どもたちの笑顔がいっぱい広がりました。

ショッピングタウンわかば内にある、親と子のひろばそらまめで、10月23日(木)に「そらまめ秋まつり」が開かれました。午前、午後に3回、各回6組限定で行われた今回の秋まつり。9月28日に予約受け付けを開始し、どの回もあっという間に満員になったそうです。みんなそらまめのイベントを楽しみにしていたんですね。待ちに待ったお祭りが始まります!

楽しみにしていた秋まつり、子どもたちが続々とそらまめに集まってきました。

ちょうちんの飾りにお祭り気分が盛り上がりますね。今回の秋まつりの飾りつけや、楽しいゲームはすべてそらまめスタッフの手作り。開催を決めた8月から、仕事の合間にスタッフが作りました。

「子どもたちを楽しませてあげたい。楽しかったねと思ってもらいたい」と本番までの準備は大変でしたが、スタッフが心を込めて作りました。

『さかなつり』

魚めがけて釣りざおを下して、釣れた魚はバケツの中へ。上手に魚を取ると、子どもたちと一緒に喜ぶお母さんの声も聞こえてきましたよ。

『ヨーヨー』

ヨーヨーをお玉に乗せて、隣の子ども用プールへ。真剣な表情でゆっくりゆっくり動かします。「上手だね!」スタッフが見守る中、何個も上手に移動させていました。

『ワニワニパニック』

大人気だったワニワニパニック!ワニが現れたらおもちゃのハンマーで叩いて撃退。どこからワニが出て来るかなあ。ドキドキしながらワニを待ち、出てきたワニをハンマーでポコッ。子どもたちは大喜びでした。

他にも『たまいれ』や『おめんキャッチ』があり、みんなおまつりを満喫。

全部のゲームを順番にやっていく子や、気に入ったゲームをずっとやる子など

みんな自由におまつりを楽しんでいました。

 

次回イベントは12月11日(金)のクリスマス会を予定しています。楽しみに

待っていてくださいね。

親と子のひろば そらまめ

利用日時)月曜日~土曜日 10時~15時

※当面の間、消毒のため終了時間を切り上げています。10時~14時半

休館日)日曜日・祝日・夏季休業・年末年始(臨時休業あり)

利用料金(1家族)年会費500円、

利用料100円(1日)

一時預かり有り。

横浜市旭区若葉台3-5-1(ショッピングタウンわかば内)

045(442)7987

 

地産地消品が人気! 「若葉台はちみつ」と地元産の「竹炭」「飾り炭」

緑の豊富な若葉台、初春から新緑の時期にかけては、棟の周辺や近隣一帯がたくさんの緑や花に包まれます。

さらに若葉台に隣接する梅林では、養蜂も行われているというのですから驚きです。また、そこで採れたはちみつが、「若葉台はちみつ」として人気を呼んでいます。

ミツバチの世話をしているのは、県の養蜂組合員でもある福島実さん。数年前に1群(1ファミリー)からスタート。今や25群にまで増えているとのこと。梅林の奥にいくつもの巣箱が並ぶさまは森の奥のような静けさにみちています。

1群に、約5千から1万匹のミツバチがいるそうです。

福島さんによれば若葉台から長津田にかけては、自然が豊富で養蜂にも適した地域とのこと。

ミツバチは半径2㌔ほどを飛び回って蜜を集めるそうなので、「若葉台の花々や樹木の花の蜜も、かなり集めているはずです。まさに、若葉台はちみつですね!」と笑顔の福島さん。

若葉台の桜も有名ですが、今年は、旧西中内体育館横の池に育成された蓮の花も毎日のように開花。蓮の花に、ミツバチがとまっているのを目にした方もいるようです。

働き者のミツバチさんたちが、若葉台のどこかで毎日せっせと蜜を集めていたのかもしれません。

今年は梅雨が長かったせいで、福島さんもだいぶ心配されたようですが、8月から9月にかけては天候もよく、蜜をたっぷり集めてくれたようです。

そんな採取されたはちみつは、ビン詰めにされ「地域交流拠点ひまわり」と、旧若葉台西中内の「地域交流サロンふれあいにし」に置かれています。

純粋はちみつは、おいしくて元気になる、と評判。 地元の皆さんの熱い支持を得ているようです。

ところで今、ミツロウを使った使い捨てでないエコラップが、静かなブームになっているのをご存じですか。

ショッピングタウンわかばの「コミュニティオフィス春」では、子育てママたちが毎月、さまざまな楽しいイベントを開いています。

DSC_0191

そんな中、子育てママたちの発行しているウエブマガジン「若葉だい家族」によると、8月に開かれた「ミツロウエコラップ作り」(上)が好評だったとのこと。

使い捨てでなく、お気に入りの柄で作ったエコラップ。

毎日使えて、ひときわ愛着がわきそうですね。今後、地元のミツロウを使ってのエコラップ作りも期待されています。

DSC_0225

オフィス春ではリクエストに応え10月30日、10時~11時半にも「エコラップを作ろう♪」の2回目を開催。

詳細はウェブマガジン若葉だい家族をご覧ください。

https://www.wakabadaikazoku.com/

地産地消の動きをもうひとつご紹介。

旧若葉台西中グラウンドに、炭焼きの窯があるのをご存じですか。

活動しているのは若葉台炭焼き工芸普及会の皆さんです。地元で何年にもわたって、さまざまなものを素材に炭を焼き続けています。

毎年、若葉台文化祭にも出展され大人気!

けれど今年は、新型コロナウィルス感染症拡大を避け2月以来の活動を休止。9月からようやく炭焼きを再開しました。

炭を焼くのは月一度ほどとのことですが、メンバーで竹林に分け入って手頃な竹を伐採したり、ひょうたんを入手するなど、炭のもとになる材料調達にも時間と手間がかかるそうです。

また今年は文化祭が中止になって残念がる人も多く、炭を求める声に応じて、旧西中内の「地域交流サロン ふれあいにし」に置かれることになりました。

竹、クリ、松ぼっくり、ひょうたん、ドングリなどさまざまな素材の炭は造形的にも美しく、竹炭は部屋や冷蔵庫の中に置けば消臭などにも効果があるとのこと。

地元の窯で焼かれた文字通り地産地消の炭、人づてに伝わって、ふれあいにしに炭を求めに来る人も徐々にふえています。

竹炭一袋100円、飾り炭セット500円、ほか竹酢液もあり、家庭菜園の某害虫予防などに利用されています。

問い合わせは、若葉台炭焼き普及会(上)代表の松延邦明さんへ。℡(921)8452

地産地消の品々、地元の人々の温かい視線に包まれて、これからの展開が期待されています。

 

市民図書館「SOLA」のおはなし会が7か月ぶりに開かれました!

9月27日(日)、旧若葉台西中学校にある市民図書館SOLAでおはなし会が開かれ、集まった親子は楽しい日曜のひと時を過ごしました。

市民図書館SOLAは絵本や漫画、人気の児童書から話題の小説、美術書などの専門書まで揃うアットホームな雰囲気の図書館。月に1回開かれるおはなし会はコロナ禍でしばらくお休みしていましたが、2階にある音楽室で今回7カ月ぶりに開かれました。

おはなし会の再開を楽しみに待っていた親子が続々と集まってきました。密を避けるために先着6組のみの参加です。

おはなし会の楽しみのひとつ。おはなし会の時は、読み聞かせサポーターによる季節感のある飾り付けがしてあります。ブドウ、どんぐり、栗、キノコ。こちらの折り紙は折り紙が上手なメンバーの作品。とっても素敵ですね。

今回のおはなしは4つです。

1どんぐりころころ

2わたしとあそんで

3なまえのないねこ

4パパ、お月さまとって!

最初は紙芝居です。初めて見る子もいるかもしれませんね。「これは何というか知ってるかな?」拍子木の説明があり、紙芝居が始まりました。「カチカチカチ 紙芝居の始まり始まり」。

続いて絵本。みんなお話に夢中です。

手遊びも行いました。おはなしの途中のちょっと一息。子どもたちの大好きな時間です。

一番人気だったのが、この日最後の絵本「パパ、お月さまとって!」です。お月さまが欲しいという娘の望みを叶えるために、お父さんは長い長いハシゴを運びます。その絵を見た子供たちは大興奮。「ながーい!お月様取れるかなあ。」「無理かなあ」など声が聞こえてきました。とっても夢のある素敵な絵本です。

最後は体操をして終わりの挨拶。いつもはみんなで輪になって終わりにしますが、今は少しがまん。また次回お会いしましょう!

次回おはなし会は第3日曜日、10月18日(日)10時半~予定です。

ぜひ足を運んでみて下さいね。

 

健康にもよい「バレリーナヨガティス」若葉台地区センターで人気です

「バレリーナヨガティス」を知っていますか?

最近人気のヨガ、ピラティス、クラシックバレエ、それぞれの要素を取り入れ、無理なく、楽しく、体を動かすレッスンです。

9月7日から若葉台地区センターで、全6回講座がスタート。

スタート前から定員いっぱいの人気教室になりました。講師は、バレエ、ヨガ、ピラティスなどを体験したゆうきさん。

素敵な音楽に合わせて、まず柔軟性を高める運動、ヒザの裏も伸びて気持ちが良いです。

体側も伸ばします。

そして基本の立ち方や、バレエの基本中の基本といわれるプリエも。

無理矢理に屈伸運動をするのでなく、脚の筋肉を使って、自然に体が引き上がるようにやるのがコツとのこと。

それによって、バレエらしいなめらかな動きになるのだそうです。

「膝を曲げるのでなく、腰を落としていくなかで自然に膝が曲がるようにしてください」ゆうき講師の的確なアドバイス。だんだんと、体の使い方のコツがつかめてくる感じです。

そしてバレエらしい優雅な動きへ。体を動かすのがますます楽しくなります。

これ、バレエマンガなどでも有名なアラベスクでしょうか。

気分は、はやバレリーナという感じです。

レッスンの中で柔軟性や、筋力、体力もついてくるとのことです。皆さん実に、生き生きと楽しそうにレッスンに参加していました。

小さい頃にバレエにあこがれていた方、ぜひ体験してみてはいかがでしょう。心も体もゆったりほぐれて、リフレッシュできそうです。

「バレリーナヨガティス」は、9月7、21日、10月5、19日、11月2、16日(全6回月曜)10時30分~11時30分。一般10人。3000円。

この子たちが、若葉台地区センターロビーでお迎えしてくれます。

同センターには、ほかにも健康づくり、体づくりの楽しい教室があります。ぜひ、ホームページをのぞいてみてはいかがでしょう。

夏の楽しみ「セミの羽化(うか)の観察会」が今年も開かれました。

今年はイベントの中止などが相次ぎ、子どもたちにはちょっぴり残念な夏休みになってしまいましたね。でも若葉台には自然や公園がいっぱい。水鉄砲で水遊びしたり、虫捕りをしたりと元気に遊ぶ子たちがたくさんいました。そんな中、毎年開かれている「セミの羽化(うか)の観察会」が8月12日、19日の2日間開催され、参加した子たちは楽しい時間を過ごしました。

観察会は午後5時に始まりました。講師の志村さんからセミの抜け殻の事や羽化についての説明を受けたら、いよいよセミの幼虫探しです。アスレチック公園からスタートしました。

セミの宝庫のような若葉台。もらった資料をじっくり読んでます。セミについて詳しくなったら若葉台の夏がもっと楽しくなるね。

セミが出てきそうな穴に小枝を入れてしばらくたつと、小枝に幼虫がくっついてくることがあるそうです。

セミの幼虫を探していたら、カブトムシの雌を見つけました!若葉台ではカブトムシやクワガタもたくさん見つけられます。

カブトムシを見つけた後、今日の1匹目のセミの幼虫を発見しました。動きが止まったら羽化が始まります。無事羽化するといいね。

公園の南側に移動し、また幼虫を探します。

「穴の中に何かいそうなんだよなあ」と言いながら穴を除く男の子たち。まだ明るいからかこの日はなかなか幼虫を見つけられません。

再度場所を移動し、暗くなるまで幼虫を探しましたが、残念ながら幼虫は見つけられませんでした。

幼虫が思ったようには見つけられず残念でしたが、集まった子たちは夜空に輝く星を見ながら、暗くなるまでお友達と一緒に幼虫探しができたことを喜んでいました。「また来年参加しよう!」

この日見つけた幼虫は、夜遅くに家の中で羽化をはじめました。

わかば商店街のホットな情報です お店も頑張っています!

イタリアンバル806がリニューアル 赤い日よけのかかるテラス風お席が人気です!

ショッピングタウンわかばの人気店、イタリアンバル806が6月下旬にリニューアルオープン。

お店の前面がガラス張りになり、赤いおしゃれな日よけが張り出して、その下に2つのテーブルといす。周囲の緑やせせらぎにマッチして、なんともよい雰囲気です。

評判も上々。昼時には店内はもちろん、テラス風のお席もいっぱいになるほど。

パスタやピザ、新鮮サラダなど、イタリアの家庭料理の味を求めて大勢の人が訪れます。

週末には、さらによい雰囲気に。

サークルの活動後でしょうか、シェフ自慢のお料理を、戸外でゆっくり味わう人々の姿が見られました。

前面がガラス張りになったことで、店内も明るく広々と感じられます。

バル806と言えばマルゲリータなど、ピザのおいしさに定評がありますが、

お肉料理や、自然農法中心の野菜でつくったサラダも、とてもおいしいのです。

今日の皆さんは、これからコース料理を楽しまれるとか。

おいしそう~!

とうもろこしの粉で作ったホロレンタ。

外はカリカリで香ばしく、中はホクホク。ちょっと食べたことのないおいしさです!

こちらは珍しい小アユのアヒージョです。

熱々のをフランスパンに乗せて食べますが、たまらないおいしさです!

オリーブオイルやトマト、バジルなどを使ったお料理は、ワイン、クラフトビールはもちろん、日本酒にもよく合います。また焼酎までそろっているので、自分好みの味を見つけるのもまた楽しです。

「今の状況下で、戸外での食事を望まれる方も多いので、喜んでいただいています。どうぞくつろいで、ゆっくりお食事を召し上がってください」

と奥村浩次店長。

火曜日定休。℡045-442-7401

 

本場沖縄の味! 沖縄ラーメン、オリオンビール、ブルーシールアイスも人気

こちらは6月5日、ハマケイ若葉台店隣にオープンした沖縄料理&物産展「わらわさぁ家」。気軽な雰囲気の中で、本場沖縄の料理が食べられるお店です!

店内には、この夏食べたい沖縄のおいしいものが勢ぞろい。

活〆冷凍の竹富島産車エビは、1尾390円。

沖縄名物ブルーシールアイスも大人から子どもさんまで人気!

塩ミルク、紅芋、ちんすこう、ピスターチオ、シークワーサー味等々、カップアイスは種類がそろっています。1個330円。

お酒好きの方には、オリオンビールはいかがですか。

なめらかでこくがあり、渇いた喉に夏一番のおいしさです! ほかに焼酎、日本酒、泡盛も。変わったところでは、ハイボールならぬ「ハブボール」も。

若葉台発祥の日本酒「わかばの祭典」や、泡盛「残波(ざんぱ)」も。ロックや炭酸割り、水割りでどうぞ。

マンゴージュース、シークアーサなどのソフトドリンクも豊富です。

店内では、ゆっくりと沖縄料理も味わえます。

沖縄そば、ゴーヤチャンプル、麩チャンプル、海ぶどうや、もずくの酢の物など、メニューは豊富。

炒め物のポークイリチー、ランチョンミートの姿焼き、また定番メニューだけでなく、裏メニュー(?)も。「できるものは、つくりますよ」とのこと。

沖縄で人気のナポリタンも同店の自信作。ぜひ「懐かしいポピュラーなナポリタン味わってみてください」と鈴木尚仁店長。

もりもり食べてまだまだ続く残暑を乗り切りましょう。

コロナ禍の中あまり宣伝はしていませんが、おなじみのお客がちょくちょく顔を見せてくれるそうです。

いずれは、三線を使ったライブなども企画しているそうとのことで楽しみです。

℡080-3608-4459

 

 

再開しました! 「若葉台プレイパーク」

6月27日(土)、しばらくお休みしていた「若葉台プレイパーク」が再開しました。

人気のロープは今回ありませんでしたが、プレイパーク再開を楽しみに待っていた子たちが訪れ、自然豊かな大貫谷公園で元気いっぱい遊びました。

「みんなとみんなのお友達の命をまもるための約束」。検温、手洗い、マスク着用など、約束を守って楽しく遊ぼうね。

女の子がたくさん集まったのは「藍染め」体験。数種類の模様のパターンがあり、みんな真剣に選んでいます。「どの模様にしようかな」。ゴムで結んで模様を作ったり、縛らず液体に染み込ませる時間を調整してグラデーション模様にしたり。出来上がりが楽しみです。丸太と木の板で作ったベンチは休憩にぴったり。

藍染めの出来上がり。とっても素敵な仕上がりですね。

みんな大好きなシャボン玉。うちわの枠で作る大きなシャボン玉です。小さな子は自分の顔よりも大きなシャボン玉を作ろうと何度も何度もチャレンジしていました。

9,10

木に長い枝を立てかけて何かを作りはじめました。何を作るのでしょうか?

大貫谷公園の背後の森から小さな子たちが大きな枝を一生懸命は運んでいました。森は材料の宝庫、宝物がいっぱいです。

みんなで協力して沢山の枝を立てかけたら「秘密基地」の完成です。 自分たちで作った秘密基地に子どもたちは大喜び!!

次回プレイパークは7月25日(土)、同公園で行われます。検温、マスクを忘れずに遊びに行ってくださいね。約束をまもって、楽しく遊びましょう。