月に2回開かれます。「サロンみんなあつまれ!!」に遊びに行ってみませんか?

幼稚園などに通う前の小さい子を子育て中のお母さんは「今日はどこで遊ぼうかな」と毎日悩みますよね。ここ若葉台には遊び場所がたくさんあります。若葉台地域ケアプラザ2階で開かれる「サロンみんなあつまれ!!」もその一つ。まだ歩けない小さい子から楽しめるので足を運んでみて下さいね。お母さん同士の輪も広がりますよ。

「サロンみんなあつまれ!!」が開かれる前には団地内にいくつもある掲示板にこのようなポスターが張られます。日にちなどの確認をして予定を空けておいてくださいね。

「サロンみんなあつまれ!!」は若葉台地域ケアプラザ2階で開催されます。受け付けで参加費¥100を払ったら、あとは広い室内で自由に遊べます。受け付け付近には子育てに役立つパンフレットなどがたくさん並んでいるので見てみて下さいね。

ホワイトボードにはその日の「サロンみんなあつまれ!!」のスケジュールが書かれています。サロンは出入り自由。空き時間にちょっとだけ遊びに来たり、お昼ご飯を持ってきて一日過ごしたりと、予定に合わせて遊びに来ることができます。ちょっとだけのはずが、子どもが帰ってくれない、なんてこともあるかもしれませんが。

この日サロンには、横浜市内の幼稚園や、地域の活動ホームなどで園児や未就園親子向けの読み聞かせ会を定期的に行っているグループ「あそび屋ぷれぷれ」が来てくれました。「あそび屋ぷれぷれ」の方が読んでいるのは「しろくまのパンツ」という絵本。「どんなお話かなあ」と子ども達はドキドキ。読み聞かせ中、背後のホワイトボードに「あそび屋ぷれぷれ」の方が少しずつしろくまの絵を仕上げて行きます。ちびっ子たちは絵本も気になるし、絵も気になるし。

読み終えた後は、ホワイトボードのしろくまの親子のパンツに、子ども達が折り紙をぺったん。びりびり破って、パンツに貼って、しろくまの白いパンツをカラフルなかわいいパンツに大変身させてくれました。

絵本の読み聞かせのあとはスキンシップ遊びです。歌を歌いながら子どもの体をなでたり、ぎゅっぎゅっとしたり。子ども達は笑いながら体をよじったりしてスキンシップ遊びを楽しみました。

読み聞かせ最後の絵本は、「だっこして」という抱っこをせがむちっちゃいタコとおかあタコのお話です。あそび屋ぷれぷれのお二人の息の合った読み聞かせに、ちびっ子たちは夢中になって聞き入っていました。読み終えた後は、赤い手袋と風船で作ったタコがみんなのところにご挨拶。「また遊びに来てね」。

「サロン みんなあつまれ!!」では、お母さんたちのための飲み物が準備されています。お母さん同士、お茶を飲みながら座っておしゃべりしたりすることが出来ます。子育て中の一息、とっても大事ですよね。

「サロンみんなあつまれ!!」は8月はお休み、9月は13日(金)、24日(火)に開かれます。13日には「あそび屋ぷれぷれ」の方がまた来てくれるのでお楽しみに。

お友達を誘って、ぜひ遊びに来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です