夏の楽しみ「セミの羽化(うか)の観察会」が今年も開かれました。

今年はイベントの中止などが相次ぎ、子どもたちにはちょっぴり残念な夏休みになってしまいましたね。でも若葉台には自然や公園がいっぱい。水鉄砲で水遊びしたり、虫捕りをしたりと元気に遊ぶ子たちがたくさんいました。そんな中、毎年開かれている「セミの羽化(うか)の観察会」が8月12日、19日の2日間開催され、参加した子たちは楽しい時間を過ごしました。

観察会は午後5時に始まりました。講師の志村さんからセミの抜け殻の事や羽化についての説明を受けたら、いよいよセミの幼虫探しです。アスレチック公園からスタートしました。

セミの宝庫のような若葉台。もらった資料をじっくり読んでます。セミについて詳しくなったら若葉台の夏がもっと楽しくなるね。

セミが出てきそうな穴に小枝を入れてしばらくたつと、小枝に幼虫がくっついてくることがあるそうです。

セミの幼虫を探していたら、カブトムシの雌を見つけました!若葉台ではカブトムシやクワガタもたくさん見つけられます。

カブトムシを見つけた後、今日の1匹目のセミの幼虫を発見しました。動きが止まったら羽化が始まります。無事羽化するといいね。

公園の南側に移動し、また幼虫を探します。

「穴の中に何かいそうなんだよなあ」と言いながら穴を除く男の子たち。まだ明るいからかこの日はなかなか幼虫を見つけられません。

再度場所を移動し、暗くなるまで幼虫を探しましたが、残念ながら幼虫は見つけられませんでした。

幼虫が思ったようには見つけられず残念でしたが、集まった子たちは夜空に輝く星を見ながら、暗くなるまでお友達と一緒に幼虫探しができたことを喜んでいました。「また来年参加しよう!」

この日見つけた幼虫は、夜遅くに家の中で羽化をはじめました。

わかば商店街のホットな情報です お店も頑張っています!

イタリアンバル806がリニューアル 赤い日よけのかかるテラス風お席が人気です!

ショッピングタウンわかばの人気店、イタリアンバル806が6月下旬にリニューアルオープン。

お店の前面がガラス張りになり、赤いおしゃれな日よけが張り出して、その下に2つのテーブルといす。周囲の緑やせせらぎにマッチして、なんともよい雰囲気です。

評判も上々。昼時には店内はもちろん、テラス風のお席もいっぱいになるほど。

パスタやピザ、新鮮サラダなど、イタリアの家庭料理の味を求めて大勢の人が訪れます。

週末には、さらによい雰囲気に。

サークルの活動後でしょうか、シェフ自慢のお料理を、戸外でゆっくり味わう人々の姿が見られました。

前面がガラス張りになったことで、店内も明るく広々と感じられます。

バル806と言えばマルゲリータなど、ピザのおいしさに定評がありますが、

お肉料理や、自然農法中心の野菜でつくったサラダも、とてもおいしいのです。

今日の皆さんは、これからコース料理を楽しまれるとか。

おいしそう~!

とうもろこしの粉で作ったホロレンタ。

外はカリカリで香ばしく、中はホクホク。ちょっと食べたことのないおいしさです!

こちらは珍しい小アユのアヒージョです。

熱々のをフランスパンに乗せて食べますが、たまらないおいしさです!

オリーブオイルやトマト、バジルなどを使ったお料理は、ワイン、クラフトビールはもちろん、日本酒にもよく合います。また焼酎までそろっているので、自分好みの味を見つけるのもまた楽しです。

「今の状況下で、戸外での食事を望まれる方も多いので、喜んでいただいています。どうぞくつろいで、ゆっくりお食事を召し上がってください」

と奥村浩次店長。

火曜日定休。℡045-442-7401

 

本場沖縄の味! 沖縄ラーメン、オリオンビール、ブルーシールアイスも人気

こちらは6月5日、ハマケイ若葉台店隣にオープンした沖縄料理&物産展「わらわさぁ家」。気軽な雰囲気の中で、本場沖縄の料理が食べられるお店です!

店内には、この夏食べたい沖縄のおいしいものが勢ぞろい。

活〆冷凍の竹富島産車エビは、1尾390円。

沖縄名物ブルーシールアイスも大人から子どもさんまで人気!

塩ミルク、紅芋、ちんすこう、ピスターチオ、シークワーサー味等々、カップアイスは種類がそろっています。1個330円。

お酒好きの方には、オリオンビールはいかがですか。

なめらかでこくがあり、渇いた喉に夏一番のおいしさです! ほかに焼酎、日本酒、泡盛も。変わったところでは、ハイボールならぬ「ハブボール」も。

若葉台発祥の日本酒「わかばの祭典」や、泡盛「残波(ざんぱ)」も。ロックや炭酸割り、水割りでどうぞ。

マンゴージュース、シークアーサなどのソフトドリンクも豊富です。

店内では、ゆっくりと沖縄料理も味わえます。

沖縄そば、ゴーヤチャンプル、麩チャンプル、海ぶどうや、もずくの酢の物など、メニューは豊富。

炒め物のポークイリチー、ランチョンミートの姿焼き、また定番メニューだけでなく、裏メニュー(?)も。「できるものは、つくりますよ」とのこと。

沖縄で人気のナポリタンも同店の自信作。ぜひ「懐かしいポピュラーなナポリタン味わってみてください」と鈴木尚仁店長。

もりもり食べてまだまだ続く残暑を乗り切りましょう。

コロナ禍の中あまり宣伝はしていませんが、おなじみのお客がちょくちょく顔を見せてくれるそうです。

いずれは、三線を使ったライブなども企画しているそうとのことで楽しみです。

℡080-3608-4459