中央ふれあい広場で開かれた「あさがお市」に行ってきました!

毎年大人気の若葉台まつりの会による「あさがお市」。

中央ふれあい広場で今年は七夕、7月7日に開かれました。

若葉台の夏の風物詩となっている「あさがお市」では、入谷鬼子母神の「朝顔市」と同じものを販売しています。今年仕入れたのは行灯(あんどん)仕立ての80鉢。まつりの会の方が、4時半に若葉台を出発し、入谷の朝顔市の朝顔の多くを生産している江戸川区の鹿骨地区へ出向き、6時に買い付けを行ってきたそうです。ちなみに鬼子母神(きしもじん)とは、安産・子育ての神様です。

風鈴をつけ、いよいよあさがお市の始まりです。

まつりの会の方に話を聞いたりしながら、お気に入りの1鉢を皆さん真剣に選んでいます。花の色、種類、咲き方など様々です。今年の朝顔、どれにするか迷いますね。

お母さんと買いに来た男の子。たくさん花が咲きますように、はいポーズ。

七夕飾りとあさがお市。明るく賑やかな街の様子にウキウキします。

まつりの会会長の堀さんに話を伺いました。

朝顔は、きちんと世話をすれば11月まで花が咲き続けるそうです。毎日朝一に、葉っぱに水がかからないように、土にたっぷり水やりをすることが大事だそうです。伸びてくるツルを支柱にからめ、ツルが伸びたら支柱を追加し延長するなどお世話をしましょう、との事でした。

大事に育てて少しでも長く花を楽しみたいですね。

若葉台ではこれから夏祭りに大花火大会、ビアホールなど夏の楽しいイベントが盛りだくさんです。今年も楽しい夏が始まりました!

7月7日までショッピングタウンで「わかば七夕まつり」 短冊に願い事を書いて、笹飾りに取りつけよう!

織り姫、彦星、天の川・・・夏の夜空に思いをはせるわかば七夕まつりを7月7日(土)まで開催中です。

ショッピングタウンわかばは、ただ今七夕一色、中央ふれあい広場や商店街入口付近には、巨大な笹飾りが登場、お買い物中の皆さんの目を楽しませています。

これらの笹竹は、若葉台近隣で生育したものを、まつりの会と、まちづくりセンターとの協力で、30本ほども切り出し、その後、中央広場に集めて順次設営していきます。およそ、2日間の作業。梅雨時にかかるため、今年も1日は雨に降られながらの作業になりました。

日本の伝統のまつりを若葉台でも伝えていきたい、と始まった「わかば七夕まつり」年々飾りもまち並に映え、若葉台のまちを彩っています。

中央ふれあい広場には、連れだって七夕飾りを楽しむ人々の姿が・・・。 「すごい! 大きい」 「きれい!」 皆さん、足を止めて青空、まち並、笹飾りの3ショットを堪能されています。

七夕飾りの横には特設テントが張られ、短冊と筆記用具をご用意。「さあ、願いごとは何かな~!」 短冊に向かう小さな姿が、真剣そのものです。

小学生や幼稚園生、小さな子どもさんたち、そして大人の皆さんも。大事な願い事を書いて笹に取り付けてくれました。

たくさんお友達ができますように・・・ ウルトラマンになれますように・・・ 家族みんなが健康で幸せに暮らせますように・・・

こんなにたくさんの短冊が付けられました。皆さんの願い事が叶いますように!・・・

青々とした巨大笹竹と笹飾りがすっかり若葉台の夏の風物詩になっています。

中央ふれあい広場の左右にはワイヤが張られ風に舞うくす玉や、オブジェも大好評!

期間中、ぜひショッピングタウンわかばに足を運び短冊に願い事を書いてみませんか。