若葉台花だより~春を告げる若葉台に咲く花々を集めてみました

まだまだ寒さは厳しいですが、日中などはふっと春の気配の日差しを感じる季節になってきました。今回は、若葉台に咲く、待ち遠しい春を告げる花々をご紹介いたしますね。

毎年3月末頃、「コブシ」の花が満開になります。開花後、果実がにぎりこぶし状となることからこの名前が付けられたそうですよ。この時期、ソメイヨシノに人気が集中してしまうが、青空に浮かび上がるコブシの花もとても魅力的ですね。(2015年3月26日撮影 若葉台2丁目にて)

こちらも3月に咲く「カンヒガンザクラ」。ショッピングタウンわかば商店街も春の花々に彩られます。(2017年3月28日撮影)

珍しい「キブシ」の花。(若葉台2丁目にて撮影)

は、3-5月の葉が伸びる前に淡黄色の総状花序につき、長さ3-10cmになる花茎は前年枝の葉腋から出て垂れ下がり、それに一面に花がつくそうです。花には長さ0.5mmの短い花柄があり、長さ7-9mmの鐘形になっているそうですよ。

緑色の桜の花、こちらも珍しい「御衣黄(ぎょいこう)桜」をご存知ですか?この桜を若葉台で見る事ができます。

ソメイヨシノより遅い、4月下旬頃に緑色の花を咲かせます。花が開いたときには緑色ですが、次第に緑色は薄れて黄緑色から黄色になり、やがて中心部が筋状に赤くなります。(2017年5月1日撮影 若葉台4丁目にて)

遊水地前に、毎年見事な花を咲かせるゴショザクラ。「御所桜」と書き、八重の大形の花が五輪ずつ群がって咲くのが特徴です。

遊水地の満開の桜と、ゴショザクラ。若葉台の春、といえばやはり代表となるのが、この風景ではないでしょうか?2018年の桜まつりは4月1日開催予定です。

これからの美しい花の季節を迎える若葉台。春はもうすぐそこ、楽しみですね。

2月3日に「2018わかば節分まつり」みんなで福を呼び込みました。

ショッピングタウンわかばでは2月3日(土)、中央ふれあい広場を会場に「2018わかば節分まつり」が行われました。午前11時と、午後2時の2回に分けて開催。

まず、司会のお笑いコンビ「ナイスボール」のトークショーからスタートしました。

節分とはもともと、季節を分けることを意味し、立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日の4回を指していました。やがて立春が1年の始まりに当たることから、節分と言えば立春の前日に邪気を祓い、福を呼び込んで幸多い一年を迎えられるようにと宮中行事になり、やがて庶民の間にも節分行事として広まっていったと言われています。

ナイスボールの明るいトークに誘われるように、中央ふれあい広場にはぞくぞくと人が集まってきました。

いよいよスタート時刻に。

親子連れや買い物客などで中央ふれあい広場はぎっしり。みんなでワクワクその瞬間を待ちました。

やがて、地元の年男、年女の方々が、ステージに上がり、ナイスボールの「福はうち!」の発声とともに一斉に、豆がまかれました。

会場は大盛り上がり。

前に並んだちびっこたちが、豆を受けようと両手を伸ばします。

そして後ろの人たちにも届くように、心優しい年男、年女さんたちは懸命に豆を飛ばしてくれます。

まかれた福豆には、「当たりシール」の貼ってあるのがあって、あとで福物と交換できるというお楽しみも。これをゲットするとうれしさ二倍ですね!

やがてまちづくりセンター前の階段のあたりから、赤鬼さん、青鬼さんが登場。みんなを驚かそうと近づいてきましたが・・・

人々のあまりの熱気に気圧され、邪気を祓われて退散していきました。めでたし、めでたし。

こうして節分豆まきも無事に終了。

「やった! 当たりが付いてる!」と喜ぶお父さん。 「こんなに、いっぱいとれたよ」

お母さんに自慢げに見せるちびっこの微笑ましい姿も。

また当日参加したちびっこたちには、特設テントでお菓子が配られました。

鬼さんたちも、すっかりおとなしくなりました。

楽しかった「2018節分まつり」。

みんなで邪気を払って、今年も幸せいっぱい間違いなしですね。

若葉台の皆さまに、たくさんの福がありますように・・・。