再開しました! 「若葉台プレイパーク」

6月27日(土)、しばらくお休みしていた「若葉台プレイパーク」が再開しました。

人気のロープは今回ありませんでしたが、プレイパーク再開を楽しみに待っていた子たちが訪れ、自然豊かな大貫谷公園で元気いっぱい遊びました。

「みんなとみんなのお友達の命をまもるための約束」。検温、手洗い、マスク着用など、約束を守って楽しく遊ぼうね。

女の子がたくさん集まったのは「藍染め」体験。数種類の模様のパターンがあり、みんな真剣に選んでいます。「どの模様にしようかな」。ゴムで結んで模様を作ったり、縛らず液体に染み込ませる時間を調整してグラデーション模様にしたり。出来上がりが楽しみです。丸太と木の板で作ったベンチは休憩にぴったり。

藍染めの出来上がり。とっても素敵な仕上がりですね。

みんな大好きなシャボン玉。うちわの枠で作る大きなシャボン玉です。小さな子は自分の顔よりも大きなシャボン玉を作ろうと何度も何度もチャレンジしていました。

9,10

木に長い枝を立てかけて何かを作りはじめました。何を作るのでしょうか?

大貫谷公園の背後の森から小さな子たちが大きな枝を一生懸命は運んでいました。森は材料の宝庫、宝物がいっぱいです。

みんなで協力して沢山の枝を立てかけたら「秘密基地」の完成です。 自分たちで作った秘密基地に子どもたちは大喜び!!

次回プレイパークは7月25日(土)、同公園で行われます。検温、マスクを忘れずに遊びに行ってくださいね。約束をまもって、楽しく遊びましょう。

再開しました! マスク、消毒、手洗い、ソーシャルディスタンスを守って・・・ 

新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、お休みとなっていた若葉台の各施設が、緊急事態宣言解除を受けて少しずつ動き出しています。そんな各施設の様子を少しご紹介。

 わかまちインフォメーション

 若葉台の顔とも言える中央バスターミナル前にある「わかまちインフォメーション」。新型コロナウィルス感染症対策のため、正面モニターの映像のみで中には入れない状態になっていましたが、6月半ばから再オープンしました。

テーブルとイスは撤去されたままですが、自動ドアが解除されていて、中に入ることができます。正面に大型モニターの画面が設置され、若葉台の今を伝えています。

お気づきでしょうか。モニターのテロップでは、新型コロナウィルス感染症に対応する医療従事者への感謝を伝える言葉と、若葉台の皆さんの協力を讃えるテロップが流されています。

若葉台小学校6年生(現中1生)たちが制作した若葉台紹介動画も流されていますが、小学生たちの熱意が伝わってくると好評です。

また、今年は神奈川県住宅供給公社の創立70周年に当たります。70年の歴史を振り返り、約70秒にまとめられた動画も紹介されますのでぜひご覧になってください。

中には、地域紙、各種資料・プリント、さらにはドリンク類やお菓子の自動販売機も置かれています。

ラクティブ若葉台店

他のラクティブ店と同様、ラクティブ若葉台店も休館となっていましたが、フィットネスクラブへの休業要請解除が発表されたことを受け、6月からレッスンを再開しています。

安全と健康に留意して密を避け、レッスンごとに床を含めて消毒、2メートル間隔を保ったソーシャルディスタンスや、ドアを開放し風通りも良くした上でのレッスンを心がけているそうです。

スタッフの健康管理、出勤時検温報告、また会員の方への消毒と検温のお願いもしています。

6月半ばから開かれていた「筋力アップ体験会」も大好評。レッスン後に、「身体が軽くなる」「姿勢が良くなった」などの感想を話す方も。

年齢と共に衰えがちな筋力。人生百年時代と言われますが、やはり人生を楽しみ、自分らしく生きるには、自分の足で歩き、トイレや身の回りなど自分でできるのが理想です。

また、筋力アップにより、疲れにくいカラダになるだけでなく、ウイルスに打ち勝つ免疫力もアップするとのこと。私たちが普段、あまり病気にならず健康に暮らせるのは、免疫力のお陰なのだそうです。

イトーヨーカドー若葉台店のお向かいにあり、買い物のついでなどに気軽に立ち寄れるのも魅力ですね。スタッフの皆さんも明るく元気で、心もカラダもフレッシュになれそうです。

「一緒に、ウィルスに負けないカラダづくりを目指しましょう!初めての方も体力に合わせ、トレーナーが丁寧にサポートします」

(松田知晶店長、写真右端)。℡045-465-4105

オアフクラブ若葉台店

夏、水泳シーズン到来!

しばらく休館になっていたオアフクラブ若葉台店も、6月2日から営業を再開。いよいよクラブが再開できることとなりました。大変お待たせ致しました」

利用にあたって、感染防止対策のため「クラブの行き帰りはマスク着用をお願い致します」と同クラブ。

また、外気温や湿度も上がってきているため、館内でのトレーニング中は脱水症などに注意し、マスクの着用は各自の判断で。

ただしマスクを着用しない際には、大声での談笑や咳、くしゃみなど細心の注意を払った上でトレーニングなどをしていただけたら、とのことです。

ジム内もソーシャルディスタンス対応で、感染防止に努めています。

また、今年は市営プールの休業などで、なかなか泳ぎに行けない中、子どもさんたちが楽しみにしている「夏の水泳教室」も、7月~8月に開催されます。

詳細は下表で確認するか、オアフクラブ若葉台店にお問い合わせください。

若葉台地区センター

コロナ感染症拡大防止のため、地区センターでは、8月末まで自主事業とわんぱく事業が中止になっています。ただし市の通知に基づき、6/19からは次のように一部利用が緩和されています。

主な緩和内容:

・工芸室・料理室の利用も可能になりました。

・図書の貸し出しを再開しました。(予約も行います)

約14,000冊の蔵書があり、紙芝居、辞書もあります。

図書室以外は、団体利用に限ります。また、ロビーは利用できません。どの場合でも、「3密を避けてのご利用となります。皆さまのご理解ご協力をお願いします」と同センター。次回は7/10に見直しをする予定とのことです。

また、体育室工事が8月から始まることになり、7月中は体育室の利用を受け付けるとのこと。詳細は、若葉台地区センターホームページをご参照ください。

℡045-921-2213

各施設とも3密を避け、マスク着用で、換気をよくするなど、さまざまに工夫しての再開となっています。

感染予防に十分配慮した上で、「まち」を動かす試みが少しずつ始まっています。皆さん、どうぞよろしくご協力ください。