イルミネーション瞬く「ショッピングタウンわかば」

クリスマスシーズン到来! 皆さまは、どのようにお過ごしですか。

ただ今、ショッピングタウンわかばでは、電飾に彩られ、まばゆい巨大ツリー、光りのイルミネーションなど、クリスマスの雰囲気満載です!

中央ふれあい広場に、巨大なクリスマスツリーがお目見えし、点灯式が行われたのは、11月17日。当日は、集まった子の中から、クジで選ばれた3人の子が、ツリーへの点灯を行いました。

まずカウントダウンからスタート。中央ふれあい広場には、子どもたち、ファミリー、シニアのご夫婦、友人同士など、大勢の人が集まって、今か今かと、点灯の瞬間を待っていました。

司会のお姉さんの声にあわせて、「10、9、8・・・・・・」

ゼロ! とともに中央に光の線が走って、ツリーに灯灯。周囲のイルミネーションも一斉に燦めきました。

「わぁ!」 「きれい」

と、広場には歓声があがり、皆さん、燦然と輝くツリーを見上げたり、しばし、その場に佇んで見守っていました。

ツリーの前に備え付けられた撮影用のいすに、わが子をすわらせ、さっそく記念の1枚を撮る方も。

当日、点灯式の抽選に並んだお子さんたちには、全員お菓子のプレゼントがありました。

やがて、ステージではショーも始まりました。女性ゴスペルグループが素晴しいハーモニーを響かせ、クリスマス気分が一層高まります。

わかばの広場を背にして立つと、高いツリーと広がる海のようなイルミネーションがさらに素敵に見えます。ぜひ入らしたときには、このアングルで、1枚撮ってみてください。

スノーマンやトナカイの電飾も子どもたちに人気。

こちらは、若葉台まちづくりセンターの窓辺を飾るクリスマスデコレーション。夕暮れからちかと瞬き、温かい雰囲気でこちらも可愛いと好評です。

この時期、楽しいことがいっぱいのショッピングタウンわかばに、ぜひ足をお運びください。

今年度3回目の開催となる「ちくせんDEごはん」。たくさんの人が美味しいカレーを頂きました。

11月20日(水)、若葉台地区センター会議室で「ちくせんDEでごはん」が開かれました。これはみんなで一緒に楽しく食事をしようというもの。今年度4回開催の予定があり、今回はその3回目です。メニューの秋野菜のカレーを作ったのは小学生の子どもたち。学校を終えた後、センターの料理室で一生懸命作りました。

現在地区センターはクリスマスの飾り付けが施されています。大きなツリーを中心に様々なところにクリスマス飾りがあり、心躍りますね。

「ちくせんDEごはん」が開かれている会議室は受付の前にあります。カレーのいい匂いがあたり一面に漂っていました。

夕方早い時間から会議室はすでにたくさんの人。大きな鍋で作ったカレーをよそってもらったら好きなところに座ります。「早く食べたい!」小さな子からそんな声が聞こえてきそうですね。この日は地区センターを利用している大人の方や親子で来た人、今回のカレーを作ってくれた小学生など様々な世代の人が集まり、おしゃべりに花を咲かせながら、おいしいカレーを味わっていました。今回初めて来たという方は「今日初めて知りました。キノコが入っていてとてもおいしい!次回も楽しみです」と笑顔で話して下さいました。

小学生の子たちは自分たちが作ったカレーの味に大満足。大好評で嬉しいね。

次回「ちくせんDEごはん」は来年の2月19日(水)に行われる予定です。美味しいご飯と楽しい時間を過ごしにぜひ行ってみて下さいね。

地区センターの近くには若葉台のショッピングセンター「ショッピングタウンわかば」があります。ショッピングタウンわかばはただ今クリスマスムードいっぱい。昼も夜もとても素敵なので、是非足を運んでみて下さい。