若葉台オンデマンドバスの2回目の実証実験が終わりました

若葉台オンデマンドバス第2回実証実験が、7月11日から8月9日まで行われました。実証実験に参加いただいた方々、ありがとうございました。今回は、その実証実験の結果についてレポートします。

今回は3月の実証実験での利用者のニーズを踏まえて、

①運行範囲の拡大(若葉台エリア内のみならず、約1km圏内の医療機関(一部)、学校、保育園、幼稚園等を含む)

②運行時間の拡大(7~20時)

③車両の小型化(9人乗りから6人乗りで小回りの利く車両に変更)

④iPhone(アイフォン)だけでなくAndroid(アンドロイド・バージョン7以上)でも利用可能

その結果、187人の方に登録いただき、延べ851人の方にご利用いただくこととなりました。

  図:利用状況の推移

夏まつり以降、androidでも利用可能としたため、7月最終週以降は、利用者が急激に増え、8月2日には、1日当たり86人の利用がありました。年代別にみると、子育て世代の利用が多く、乗降場所でも地区センターや若葉台保育園などでの利用が多くみられたことから、買物や保育園利用での乗降が多いことがわかりました。

乗車後のアンケートでは、運行時間帯や所要時間について80%以上の方々から高い評価を得ており、今後、サービス化されたら利用したいという回答も98%に至るなど、本格的なサービス化に弾みがつく結果となりました。

次回は、年度内に実証実験の再開を予定しています。詳細が決まりましたらお伝えしていきます。 未来のサービスを是非、ご利用・ご体験ください。(若葉台まちづくりセンター)

図:乗車後アンケート結果

 

 

 

 

 

若葉台の魅力発信!中央バスターミナル前に「わかまちインフォメーション」オープン

若葉台中央バスターミナル前に8月19日、若葉台まちづくりセンターの手で「わかまちインフォメーション」がオープン。

「まち」の玄関口ともいえるところから、若葉台のさまざまな情報、魅力を発信していくことがねらいです。

2017年3月に「横浜若葉台みらいづくりプラン」がつくられて以来、若葉台はさまざまなところから注目されています。

これからも元気な「まち」でありつづけるために、まちの魅力を中央バスターミナルから積極的に発信していきます!

わかまちインフォメーションでは、大型ディスプレイが中と外の2か所に設置され毎日、鮮やかな映像で若葉台を紹介しています。

満開の桜、夏まつりの花火、楽しい年間行事、サークル活動、子どもたちのプレイパークなど…若葉台が本当に多彩な表情をもつ「まち」なのがわかります。

通りにも面しているため、ふと足をとめて画面に見入ったり、打ち上げ花火の映像に「わぁ、きれい」の歓声が上がることも。

友達同士で画面を見つめたり、指さしたりするなどの微笑ましい光景も。

中に入るとイス、テーブルが置かれ、飲み物と菓子の自動販売機も並んでいて、喉がかわいたり、ちょっと小腹が空いたときにも便利。

正面には、大画面のディスプレイが目に入ります。

ここでは、まちの紹介、取り組み、イベント情報、商店街の情報、まちづくりセンターの事業紹介などが紹介され、若葉台の今が手に取るようにわかります。

また掲示板やラックには、若葉台のさまざまな情報の掲載されたチラシや情報誌がおかれています。

いすに座ってひと休みしながら、大型スクリーンや情報誌をながめたり。バスを待ちながら、ちょっとした憩いのひとときにもなりそうです。

営業日は毎日8:30~19:30。ウインドーモニター映像は6:00~24:00となります。

ただ今、若葉台まちづくりセンターによる「住替え支援強化月間(住まいまるごとフェア)」も開催中です。

期間は、9月30日(月)まで。

〇相続・遺言セミナーおよび個別相談会  9/14(土)、9/15(日)

〇住まいと暮らしの相談会  9/20(金)、9/21(土)

※素敵なプレゼントもありますので、ぜひご来場ください。

※ご成約キャンペーン中!

期間中に相談され、2019年12月末までにご成約された方には、クオカード (2千円~2万円)の進呈もあります。 9月にご家族皆さんで、ぜひ若葉台を訪れてみませんか

暑い夏も元気いっぱい! 若葉台には子ども達が遊ぶ場所がたくさんあります。

長い夏休み。子ども達は遊ぶ時間がたくさんあります。暑い日が続いた今年の夏ですが、若葉台の子ども達は色々な場所で元気に遊んでいました。

わかばの広場にあるジャブジャブ池。一年中子ども達がたくさん遊んでいますが、夏は特に人気です。子どもは水遊びが大好きですよね。

ジャブジャブ池近くにある茶堂も子ども達が大好きな場所です。座ってお喋りをしたり、おままごとをしたり、おやつを食べたり。さっきまでジャブジャブ池で遊んでいたのに居ないなあと探すと、茶堂で発見、なんて事がよくあります。

若葉台公園アスレチック広場は木陰が多いので、夏も公園で遊びたいという時にピッタリです。暑いと何度も言いながら歩いていた子も、アスレチック広場に到着すると暑さも忘れて元気いっぱい!

8月10日、大貫谷公園でプレイパークがありました。シャボン玉遊びや手作りのブランコなどありましたが、一番人気はやはり水遊びです。名付けて、ウォータースライディング!シートに水をかけながら、その上を思い思いにスライディング。濡れたシートは良く滑り、とても楽しそうでした。

木に囲まれ緑豊かな大貫谷公園は、セミの鳴き声が響き渡っています。抜け殻がたくさんある木を発見!

8月16日にはセミの羽化の観察会が行われました。セミについての説明を聞いたあとは、いよいよ幼虫探しです。地面の小さい穴のあたりをよく見ながら、自分が一番に見つけようと必死で探します。「幼虫どこかなあ」

この日は若葉台公園アスレチック広場から遊水池付近まで、場所を変えながら2時間ほど探し、3匹の幼虫を見つけました。初めて見る幼虫にみんな大喜び。じっくり観察をしていましたよ。

羽化にはまだ時間がかかりそうだったので一匹を家に持ち帰りました。夜遅く、カーテンで無事羽化。羽化する様はとても神秘的でした。

暑くても元気に遊ぶ子ども達をみると、こちらまで楽しい気分になりますよね。若葉台には今回紹介した所の他にも遊べる場所がたくさんあります。秋以降も子ども達の元気な声がまちに響き渡りそうです。