若葉台花だより2~春を告げる若葉台に咲く花々を集めてみました

前々回に引き続き、若葉台に春を告げる花々をご紹介致します。日中あたたかい日が、日に日に多くなってまいりました。思わぬところに、いろいろな花々と出会う事ができる若葉台。新しい魅力をまたひとつ発見しました。

2丁目で3月には清々しいスイセンの姿を見る事が出来ます。やさしい気持ちになりますね。(2012年3月29日撮影 若葉台2丁目にて)

2丁目にエリカの花が咲いていたので撮影しました。名前も可愛らしいですね。(2018年2月15日撮影)

面白い形の花を咲かせるのは3丁目でみかけたミツマタの花。明るい黄色が若葉台の青い空に映えて、美しいですね。若葉台では本当にさまざまな珍しい花々に出合う事が出来ます。(2018年3月12日撮影)

4丁目の通路にそって咲くユキヤナギ。桜と同時に美しい花を咲かせます。この季節の若葉台はまさに花ざかり。お散歩がますます楽しみになってくる季節ですね。(2017年3月28日撮影4丁目にて)

長津田方面の畑から見る景色。若葉台をバックに美しい菜の花が春を呼び込みます。(2016年4月8日撮影)

これからの時期、人気のネモフィラを見る事が出来ます。美しく鮮やかな青色が印象的。茨城県の国営ひたち海浜公園の花畑が有名ですが、若葉台でも見る事ができるんですね!2017年度にショッピングタウンわかばに植えられました。(2017年撮影・ショッピングタウンわかばにて)

サクラを楽しんだ後は、カラフルなツツジの彩りが待っています。平成23年バス通りにて撮影。(4月26日撮影)

ツツジの後は、6月にかけて若葉台内各地で、美しいアジサイが楽しめますね。これは2丁目で撮影した珍しい種類のアジサイです。(2丁目にて撮影)

今年の若葉台さくら祭りは4月1日開催。毎年若葉台以外からも多くの花見客が訪れます。

サクラ以外でも、一年を通してたくさんの花々に身近に出合うことができる若葉台。明日のお散歩で、また新しい花々に出合う事ができるかもしれません。

毎日が発見!の自然との暮らしを楽しめる若葉台ぐらし。春本番のこれからの季節、思いきり楽しみたいですね。

自然の中でのびのび遊ぼう! 若葉台プレイパーク

「若葉台プレイパーク」って、知ってますか?。自然の豊富な若葉台は子どもたちの遊びの宝庫。そんな自然の中で、子どもたちの自主性を尊重しつつのびのびと遊ぶ。モットーは「自分の責任で自由に遊ぶ」。だから準備も後片付けもみんな自分たちでします。

「けがと弁当は自分持ち」

この言葉でもおなじみですね。これは、子どものやりたいという気持ちを尊重し、口や手を出さずに見守っていくという意味でもあります。

2月24日(土)のプレイパークでは、大貫谷公園を会場に餅つきも行われました。10時を過ぎた頃から、子どもたちや親子連れが次々と集まり始めました。

お父さんと一緒にプレイパークにきた子。薪や火が珍しそうです。

二つのかまどにも火が入っていて、ここでは餅つき用の餅米をふかします。

プレイパークの楽しみはなんと言っても、自然の中でいろいろな遊びを体験できること。

大きく揺れるのが人気のハンモック。

「シャボン玉がいっぱいできたよ!」

公園のまん中に置かれたダンボールは、創造的な遊びの宝庫です。

小枝の先に付けたマシュマロを、火にあぶって焦げ目をつけると、外はかりかりで香ばしく、中はとろりととけた特製マシュマロのできあがり。こたえられないおいしさです。

「口のなかをやけどしないように気をつけてね!」

あたりにいいにおいが漂ってきました。餅米が炊き上がったようです。大貫谷公園愛護会の皆さんが、ふかした餅米を臼の中に入れ、さぁ、いよいよ餅つきがスタートです。

子どもたちも次々と餅つきに挑戦! 杵は重いのですが、しっかりと体で支え餅をついていきます。みんな初めての体験にわくわくです。

自然の中でのびのび遊び、滅多にできない貴重な体験もできる若葉台プレイパーク。原則第4土曜日に開催ですが、いま平日プレイパークを開こうという新しい動きが出てきています。

1月31日(水)には、第1回目の平日プレイパークが、若葉台公園アスレチック広場を会場に開かれ、数日前に降った雪の残る中、雪だるまや雪ウサギを作ったり、子どもたちみんなで林の中の雪遊びを楽しみました。

当日は、若葉台炭焼き工芸普及会の協力で「ロケットストーブ」が持ち込まれ、母の会のママチームが作ってくれた豚汁をみんなでいただきました。「おいしいね!!」と大好評。

主催する、若葉台プレイパーク活動運営委員会会長の入江ゆきよさんは、「1月の平日プレイパークを、子どもたちがとても喜んでいました。公園愛護会や母の会、その他大勢の皆さんの協力で活動も充実。これからも子どもたちの遊び場として平日プレイパークを続けていきたい」と話しています。