この秋、若葉台の「体験入居室」に家族で1泊してみませんか? 設備の完備した広々とした1LDKです

若葉台での生活を、実際に宿泊して体験できる「体験入居室」というのがあるのをご存じですか。対象は、若葉台への転入を検討している方。

実際の若葉台での生活はどうなるのだろう。生活環境はどうなのかしら、などで迷っている方にお勧めです。

原則1家族1泊2日、無料で宿泊できます。場所は若葉台3丁目。13階のお部屋なので見晴らしが抜群。自然豊富な若葉台の緑を一望できる清々しい環境です。

爽やかな気候のこの時期、ぜひご家族で若葉台での生活を体験されてはいかがでしょう。

室内は快適にリフォーム

対象のお部屋は、もともとは3DKの部屋を、若いファミリー向けに広々感のある1LDKにリフォーム。コーディネートされた寝具や調度品、鍋や皿などのキッチン用品もそろった快適な空間です。

TVやネット環境も整っていて、お部屋でゆっくりとくつろぐもよし。また、近くの公園を散歩したり、徒歩1分のショッピングタウンわかばでお買い物を楽しむこともできます。

一時預かりもある「親と子のひろば そらまめ」や、「コミュニティオフィス&ダイニング春」など、子育てや地域コミュニティの場もぜひのぞいてみてくださいね。

「わかば親と子の広場 そらまめ」には、毎日沢山の親子さんが訪れてみんなと交流しています。

隣接する若葉台公園グラウンドでは、サッカーボールをけったり、野球をしたり。若葉台夏まつりの大花火大会や、大運動会も開かれます。

子供たちに人気のわかばの広場。奧にジャブジャブ池もあります。

ショッピングタウンわかばでお食事をされるなら、本格カレーのお店、野菜のおいしいイタリアン、中華、和食、鎌倉の老舗蕎麦店、ハンバーガーなど大人からお子様まで楽しめる味のお店がそろっています。

また、専門店やスーパーで食材を購入し、お部屋で調理することも可能です。

キッチンにはフライパンから鍋、食器類までそろっていますので、テーブルを囲んで皆さんで手作りの食事を楽しむこともできます。

お部屋には、タオルや、子供さんのための備品も備わっていて安心。浴室にはミストシャワーも付いていて疲れが癒やされると好評です。

木の香りがするフローリングの床。神奈川県住宅供給公社のメガソーラープロジェクトによる伐採材を使用しています。寝室の壁にも木が使われ、おしゃれなアクセントになっています。

この「体験入居室」は、全国的にもとても珍しい試みと言われます。

実際に宿泊した方からも、「若葉台のコミュニティの良さを感じた」「公園が多い」などの評価をいただいています。

豊富な自然と、スーパー、銀行、病院などが近くにあるという利便性。この二つを兼ね備えた若葉台ですが、その住み心地を実際に体験したことで、移住の決意をされるというケースも多いようです。

体験入居室を利用された方からの感想

ここで、最近体験入居室をご利用された方の感想をご紹介します。

〈良かったところ〉

「自然が豊かで、一つの場所で用事をすませられる」

「若葉台の中で買い物をできるのがすごく便利で生活しやすい」

〈体験入居室について〉

「とてもよい試みだと思います。検討している友人がいたら、ぜひ教えてあげたい」

「備品はかゆいところに手が届いていました」

「LDKがとても広く過ごしやすかったです」

上記のような感想をいただいていて、皆さん、体験入居室での1泊2日を楽しく過ごされていることが分かります。

また、寝具などの備品についても、よく配慮されている、子供のための備品もそろっているなどおおむね好評価を得ています。

ぜひこの秋、若葉台の生活を体験されてみてはいかがでしょう。

◎各寝具、調理器具、食器、種家電品完備。

■問合せは、一般財団法人若葉台まちづくりセンターへ。☎045(921)3361

ショッピングタウンわかば「ダイニング春」と和食・日本そば「運河」のメニューが旭区「あさひの逸品」に認定されました!

2017年10月15日に鶴ヶ峰公園周辺で開催された「第28回 旭ふれあい区民まつり」。野外ステージでは、池戸淳子旭区長と旭区マスコットキャラクター「あさひくん」登壇のもと、今年度追加の「あさひの逸品」認定式が、行われました。

「あさひの逸品」とは、旭区内で販売・提供されている食べもの、飲みものの中で特においしいと推薦のあったものや、旭区ならではの特徴のあるもの(「あさひくん」又は「畠山重忠」にちなんだ飲食物)が認定されます。

ショッピングタウンわかば商店街の「コミュニティオフィス&ダイニング春」からは、手作りのしっとりふわふわ「シフォンケーキ」。程良い甘さの家庭的なケーキです。

そのまま食べても、添えられたバニラアイスと一緒に食べても、とても美味。味はプレーン、チョコレート、カボチャなど季節によって違った味が楽しめます。

シフォンケーキ作りを担当しているのは、田中依子さん。壇上で、区長から認定証が授与されました。

「一日1ホールずつ、添加物は使わず、こだわりの小麦粉と身近にあるナチュラルな素材を使って、心を込めて焼き上げています。今回の認定は、他のメニューすべてのおいしさや運営に関わる皆さんの力あってこそ、いただいたものと思っています。」と優しい笑顔で喜びを語って下さいました。

ダイニング「春」のシフォンケーキ担当、田中依子さん。(=写真後ろ左) ダイニング「春」の代表をつとめる鈴木和子さん。(=写真後ろ右) 手前は若葉台まちづくりセンター鵜崎 正則課長。

そして、和食・日本そば「運河」からは、「天ぷら茶そば」が今年度認定されました。営業中のため、今回、認定式には参加されませんでしたが、河井隆政店長に「天ぷら茶そば」についてお話しをうかがいました。

和食・日本そば「運河」 河井隆政店長:抹茶の香り、風味豊かなこしの強い茶そばを使用、そばつゆは血合い抜きの最上級の削り節と日高昆布を使い、深いこくと旨みがあります。天ぷらは、エビ2本、野菜が4点つきます。新しいサラ油にて、揚げたてサクサクの天ぷらをご賞味ください。

認定式では、和食・日本そば「運河」代理として、若葉台まちづくりセンターの 鵜崎 正則課長が登壇しました。

今回の認定式では、ほかに旭区左近山「ほっとさこんやま」のお刺身定食など4品が認定。池戸淳子旭区長と「あさひくん」と共に各店舗担当者が、認定証を手に記念撮影です。

今回の追加認定の6品を含めた55品が、現在「あさひの逸品」に認定されています。

旭区役所で発行している冊子はそれぞれが写真付きで、認定店舗と55品が、地元の商店街の紹介も交えながら詳しく紹介されているのでぜひ入手してみてください。

(冊子は旭区役所、あさひの逸品認定店(一部)でも配布)

#また横浜市のホームページでも閲覧することができますよ。

【冊子 もぐもぐ あさひの逸品 わくわく 商店街】(認定店順次追加中)

http://www.city.yokohama.lg.jp/asahi/guide/ippinpr.html