理事長挨拶

Greetings from the President

理事長挨拶

『横浜若葉台』は、およそ90㌶に約6,000戸の住宅と、中心街には40を超える商業施設、 病院、学校、スポーツ・文化施設等、住環境に必要な施設を備え、
更には、自然尊重・保全を尊重したコンパクトシティーです。

入居の開始は1979年(昭和54年)。
当時、商業施設や学校は無く、現在ほど交通手段も少ない環境にありました。
それから42年が経過。
この間、”まち”にお住いの方々の絆と英知によって、様々な活動やイベントが企画・ 運営されました。

『横浜若葉台』の代名詞でもある、各種の『まつり』が数多く行われるようになり、
『夢の団地』として大切に育てられたのです。
また、要支援・要介護の認定率が低いこの”まち”。
高齢化が進む中にあっても、先に記した活動に積極的に参加し、
集うことによって生まれた特徴といえるでしょう。

一方、新型コロナウィルスの影響は甚大で、昨年2月の『節分まつり』を最後にイベントは縮小や中止に追い込まれ、中心街への人出は少なくなりました。
今回、緊急事態宣言が解除されとはいえ、まだまだ予断を許さない状況です。

私共『若葉台まちづくりセンター』は、Withコロナを含めた、新しい生活様式を見据え、
安全・安心で快適、そして持続可能な暮らしを”まち”の方々と共に探りながら、
住環境の保全・維持・管理等に邁進する所存です。
これからも、ご支援とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

2021年11月20日
理事長 監物 宏之

CONTACT

横浜若葉台へのご質問、ご不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ